【満腹感とセロトニン】

セロトニンとは、私達の身体の中に存在し「精神を安定させる」という重要な役割を持っています。
そして、あまり知られていませんが「精神安定」意外にも「満腹感」を感じさせ食欲を抑制する作用も持っているのです!
Σ(゜Д゜)

ストレスを感じたりイライラした時、甘いお菓子やケーキ、焼肉やから揚げなどの肉類を食べたくなった経験はありませんか
f(^_^;?
これにはセロトニンがかかわっているのです。

先ほどお話したようにセロトニンは「精神安定」と「食欲抑制」という2つの作用を合わせ持っているので、体内でセロトニンが不足すると「精神的不安定」と「食べたい!」という欲求が同時に現れやすいのです。
!Σ( ̄□ ̄;)
特に甘い物と肉類を食べると一時的にセロトニンが増え一時的に気持ちが落ち着くので「甘い物」と「肉類」への欲求が強いのです。

また、女性は男性に比べ元々セロトニンの量が少ないので、ストレスを感じたりするとすぐにセロトニンが足らなくなって情緒不安定になったり甘い物を過食などという衝動にかられやすいと言われています。

さらに!女性は月経前の体調不良の時期は、セロトニンを阻害する物質が出るためやはりイライラしたり甘い物を食べたくなったりしてしまいがちです。
甘い物や肉類を食べると一時的にセロトニンは増えるので落ち着きますがそれをくり返していたら過食となり結果肥満を招いてしまいます。
( TДT)

セロトニンを増やすには、十分に休息をとったりストレス解消や気分転換を上手に行い、気持ちを落ち着かせたりリラックスさせることが効果的です。
自分なりのリラックス法や休息方法を見つけ気持ちをコントロールする事が過食や暴飲暴食の抑制にもつながるんですね。
(о´∀`о)
セロトニンを増やすために効果的だといわれている方法を次回お話させていただきますね♪