【夏太り】

暑い日が続きますね(><)
暑さから食欲が出なくて夏バテをしてしまい痩せてしまう方がいる一方で、夏になると太ってしまういわゆる「夏太り」をする方も少なくありません。

そういう「夏太り」をする方に多く見られるのが「こんなに汗が出ているんだから やせるはず」 と思っている事です。
そこで、 今回は夏太りの原因について お話しますね。

●基礎代謝量の低下
夏は暑いだけで体力を奪われているような 感じもしますが、実は基礎代謝量は 夏よりも冬の方が大きいのです!!
なぜなら、気温の低い冬は体温を維持するために エネルギーを燃やして体温を上げようとしますが夏はそもそも気温が高いのでエネルギーを燃やさなくても体温を維持できるのです。

●ビタミン&ミネラル不足
夏は気温が高ので当然大量の汗をかいてしまいます。
この汗によって水分と一緒にビタミンやミネラルも失われています。
汗と一緒に排出されるビタミンにはB1やB2がありますがこれらは「脂肪燃焼ビタミン」とも呼ばれ脂肪燃焼に不可欠なビタミンなのです。
不足するとスムーズに体内の脂肪が代謝されなくなって しまいます。
また、ミネラル分であるナトリウムやカリウムも汗と一緒に体外に出てしまいます。
最近では熱中症対策でナトリウムを摂取する事はだいぶ知られてきましたがカリウムについてはまだ周知されていないように思います。
カリウムが体内で不足するとむくみが起こります。
むくみは太って見えるほかセルライトの原因になるのです。
ビタミンB1を多く含む食品はウナギ・豚肉などがあり、ビタミンB2を多く含む食品にレバー・納豆があります。
カリウムはアボカド・バナナなどの果物、納豆・きなこなどの大豆製品、にんにく・ニラなどの野菜に多く含まれています。

●カロリー過剰摂取
暑さに負けないようにとついついガッツリと食事をとってしまいますが、カロリーより栄養バランスを重視したを考えた食事が大切です。
うなぎや焼肉を食べる時には 、必ず野菜や海草類・大豆製品などをプラスしましょう。
麺類を食べる時も同じです。
麺類だけを食べるとどうしても偏った栄養バランスになりがちです。
そうならないよう、同時にたくさんの食材を取り入れられるメニューを選びましょう。

以上の様な 夏太りの予防方法は、実は熱中症や夏バテ予防にも役立ちます。
夏太りを予防しながら 元気に夏を乗り切っていきましょう。