【秋冬、太らない為の生活習慣】

秋が深まるにつれ冷え込むようになりました。

これから冬に向け益々寒くなります。
そうなると気になるのが冬太りですよね(><;)
人間に限らず動物は、冬にはエネルギーを極力使わず身体に溜め込むようにできていて、それが冬に太りやすい原因という説があります。
また、寒くなるため春夏に比べ暖かな室内で過ごす時間が増え、運動不足になりがちです
さらに、冬は夏に比べ格段に体型の露出が少ないので気にしない事も一因かも知れません。
そこで今回は秋冬に太らない為の習慣についてのお話です。
①身体を冷やさない
冷えはダイエットの大敵!
血流が悪くなると、代謝が鈍ります!
とくに下半身やお腹周りは冷やさないように。
食事は積極的に温かいものを摂って下さい。
根菜類・ねぎ・ニラ・生姜・ニンニク・香辛料などは体を温めてくれます
反対に生野菜・熱帯地方の果物などは体を冷やすとされますので摂り過ぎないように。
 
②外に出る
理想は夏場と同じくらいの運動量ですが寒さの中運動するのは根性を必要とします(^0^;)
そんな人はせめて休日だけでも外に出て体を動かしましょう。
③湯船につかる
湯船に浸かると代謝が高まります。
なるべくゆっくりと湯船につかりたくさんの汗をかきましょう。
ただし、水分補給を忘れず無理は厳禁です。
また、熱すぎる温度も体の負担になりますので適度な温度で入りましょう
④食べ過ぎは翌日に調整
脂肪は身体に蓄えている時間が長くなるほど落ちにくくなります。
飲み会などで食べ過ぎた翌日は野菜たっぷりの軽めの食事にしましょう。
オススメ料理は鍋料理。
ヘルシーで野菜もたっぷり摂れ魚介類や豆腐など加えると、栄養バランスはグンと上がります
しかも体の芯から温まるので一石二鳥♪
年末が近づくにつれクリスマスに忘年会と美味しい誘惑が増えてくる季節ですよね。
ダイエットの為に時には我慢も必要ですが「食べたら動く!」もしくは「食べたら調節する」を心がけ、ストレスをためず毎日気を付けていく方がダイエット成功への道なのです。
何より「食べる事」は栄養補給でもありますが楽しむという意味では心の栄養補給でもあるんです(*^^*)~♪