2017年1月からセルフメディケーション税制施行

20171月からセルフメディケーション税制始まります

従来の医療控除制度の特例として特定の成分を含んだ

OTC医薬品の年間購入額が「合計12000」を超えると

適用される制度です。

具体的には、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組

として一定の取組を行う個人」として、

以下の定期健康診断などを受けている人が、

201711日以降に、市販薬(要指導医薬品および一般用医薬品)

のうち、医療用から転用された特定成分を含む医薬品を

年間12000円を超えて購入した際に、12000円を超えた部分の

金額(上限金額:88000円)について所得控除を受けることがで

きるとされています。

ただし、この制度は「医療費控除の特例」とあるとおり、医療費控

除の一部であるため、「従来の医療費控除制度とセルフメディケー

ション税制(医療費控除の特例)を同時に利用することができな

い」点に注意して下さい。従来どおり、1年間に自己負担した医療費

10万円を超えた部分の金額の控除を受けるか、この「セルフメ

ディケーション税制」で控除を受けるかは、対象者がご自身で選択

するようになっています。

 この特例は、平成29年分の確定申告から適用できます。

なお、平成29年分の確定申告の一般的な提出時期は、

平成30216日から315日までです。

対象となる人は? 

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、

所得税や住民税を納めていて、以下のいずれかを受けている人

(勤務先での定期健康診断なども含まれる)。

 特定健康診査(いわゆるメタボ健診) 

予防接種 

定期健康診断(事業主健診) 

健康診査 

がん検診

 対象となる医薬品は?

 厚生労働省のWebサイトに

セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧

掲載されている医薬品(8/17現在、1517品目)が対象となります。

 なお、対象製品の多くに識別マークが入っています。

 詳しくは厚生労働省下記URLをご覧下さい。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html