スマホ老眼に要注意

20代、30代の若い人たちのあいだで、
「手元が見にくい」「夕方になると物が見づらい」などといった
老眼のような症状に悩む人が増えています。 これは、スマートフォンなどの 携帯情報端末の長時間の使用による「スマホ老眼」と呼ばれる症状です。スマホを見るときは、どうしても目と画面の距離が近くなりがち。つまり、毛様体筋は常に縮んでいる状態になります。
激しい運動を長時間続ければ筋肉痛が起こるように、過剰な負荷がかかれば毛様体筋も疲労してしまいます。結果、調節機能が衰え、一時的にピントを合わせることができなくなる。これがスマホ老眼のメカニズムです。
老眼同様、手元が見えにくくなりますが、手元だけではなく、例えば、掲示板など遠くのものも見えにくくなるのが特徴です。

加齢による「老眼」は
毛様体筋そのものが老化し、さらに水晶体も硬くなることで
厚さ調節ができなくなってしまうのが加齢による「老眼」です。

目を守る7つのポイント

①スマホの画面を目から離す
理想的なスマホの画面と目の距離は30〜40cmといわれています。ネット検索など時間がかかる場合は、いったん画面から目を離すようにして少しでも負担を減らしましょう。

②スクロールはゆっくりと
スクロールの早い動きを見続けるのは、実は目にとってとても大きな負担になります。スクロールをする時は“急がずゆっくり”を心がけましょう。

③スマホなどの画面の明るさを少し落とす
スマホなどの画面からは「ブルーライト」と呼ばれる可視光線が出ています。このブルーライトを浴び続けると、眼精疲労が起きやすくなり、毛様体筋の柔軟性が低下する危険性があります。画面の明るさを落とすことによりブルーライトを軽減することができるので、見えにくくない程度に調整してみましょう。

④定期的に休憩をし、遠くを見る
スマホはもちろん、パソコンで作業をする場合にも、1時間経ったら、約10分間、画面から目を離して休憩をしましょう。遠くの景色を眺めるのも目を休ませるのには効果的です。

⑤まばたきをする
意識的にまばたきをして目の表面の潤いを保ちましょう。まばたきはできるだけゆっくりするのがおすすめです。

⑥目のまわりを温める
温めることで血行が良くなるので、緊張していた毛様体筋がほぐれます。市販のホットパックや、入浴の際にホットタオルを当てるなどすれば、リラックス効果も期待できます。

⑦目の筋肉を鍛えるエクササイズをする
先述した「毛様体筋」をしっかり動かしながらほぐし、目本来の能力を引き出すことができるようになる「ビジョン体操」を取り入れてみましょう。勉強や仕事の合間のリフレッシュにもなりますよ。

また、眼精疲労がつらい場合は、目のピント調節をサポートしてくれるめがねのレンズが出ているので、眼科やめがね屋さんに相談して取り入れるのも良いでしょう。